FC2ブログ

磐梯吾妻スカイラインライド

久しぶりにサイクリングネタのみのブログです。

先日のお休みは友人と福島県にある『 磐梯吾妻スカイライン 』へ行ってきました。
本当は昨年に行きたかったのですが、去年の6月に吾妻山の噴火警戒レベルが2から1に下げられたものの、
工事や通行止めで行けずじまい・・・。
磐梯吾妻スカイラインは森林限界風景が楽しめる、まるでツールのような外国のコースを走れることで有名です。
標高1622m、距離約25kmという山が苦手なフカサワ的に苦痛を強いられることが目に見えていたので、
ヒルクライムレース仕様で観光ライドしてきました。

スタートは道の駅つちゆ。スタート地点で標高約1,100m。
そこから淡々と登るコースと、下界まで下って登るコース2パターン。
今回は淡々と登るコースから行きました。
あとから気付いたのですが、下界まで下ると150mから1622mまで登ることになります。
登りしかないとはいえスタート地点が1,100、距離24kmで500mアップの淡々と登るコースの方が楽に決まってますよね・・・。


この日は強風な上に気温は15℃。寒いです・・・。
とりあえず、道の駅からスタートし数多くの橋を渡っていきます。ここらへんの画像は何一つとして面白くないのでパス。
約12km地点から眺めが良くなってきます。ここから画像多めです。むしろ画像で語ります。
IMG_3027_201909271543432f2.jpg
EDA24452-10DD-4C2F-8261-3762E29016DE-64010-00000D797ECB3618.jpg
まだ中腹あたりですが、画像右奥にある道からずーっと登ってきたと考えると頑張ったなーと。
斜度も大半が5%前後、九十九折あたりのインコースできつくなりますが山嫌いなフカサワでもなんとかなるレベルでした!
この景色も紅葉シーズンだといろは坂みたいに綺麗になるんだろうなー。




標高1,400mから路面に現在の標高が書かれます。1,400mは撮らずにパス・・・。
IMG_3050.jpg
IMG_3061.jpg
IMG_3067.jpg
ここまでの道のりを超端折ってますが、ここまでで約20kmくらい。
気温も15℃以下にはならず夏ジャージ+アーム&レッグウォーマーで十分。
平日だからか車通りも無く非常に快適に走ることができました。
残り4kmはひたすら下り!


下りながらも山間からチラッと見えてくる禿山。
そして木々を抜けた先には森林限界風景!絶景でございます!!
1470264A-3F42-44A7-86EF-FD67A52C5359-64010-00000D79859F38D3.jpg
ここから先は道なりに進むとビジターセンタ等があります。


43D38CE4-AB8F-4350-9624-D3B1E59E945F-64010-00000D799161182A.jpg
IMG_3075.jpg
浄土平の駐車場は車、バイクは有料。自転車は無料でした。
ちなみにお昼食べる場所はありません!食堂的な物の名残はあったんですけどね・・・。


IMG_3077.jpg
ビジターセンターの真向かいにある吾妻小富士。
登ろうかと思ったのですがビンディングシューズなので断念。


ふらふらと歩いているとまたしても絶景!
3D68C883-2CAD-4B01-A32E-8367937F7DDC-64010-00000D79A14B7727.jpg
反対側から登るコースですね。
・・・あれ?
こっち側が画像検索すると良くヒットする風景なのでは???
と思い自転車で下ってみると、



今回一番見たかった景色!!
D9F393C8-24EB-4AEA-9FFA-B993BEBAD3D5-64010-00000D799D28C385.jpg
基本的にテンションが低いフカサワも「うわぁぁぁぁぁぁぁすごぉぉぉぉぉい」と大声出すレベルです(笑)


5D9300A6-92DB-45E5-BAFB-B2BAF632E689-64010-00000D79B04D603B.jpg
9BC8886B-ECD1-4971-AF21-BF43A86AE9D1-64010-00000D79ABBB4B81.jpg
IMG_3163.jpg
9BC8886B-ECD1-4971-AF21-BF43A86AE9D1-64010-00000D79ABBB4B81.jpg
DD25CD34-BCA5-4F5A-8A58-C0739CFC5AD0-64010-00000D79B6ABD10E.jpg
8FA98D1E-E6DE-4E03-A26C-6D5C3CB01E02-64010-00000D79C8E667A4.jpg
車での行くのは簡単ですが、自転車で行ったから、登ったからこそ感動が増幅されてます。
西伊豆スカイラインとはまた違う感動がココにはありました。
登りも緩いし最高だなー。

ということで、帰りは反対側から帰ったのですがフカサワは友人T氏から
「ここから先はガッツリ下ってから少し登るだけだよ。栃木の大平山よりほんの少し長いだけ」
と説明を受けたのです。
普段なら自転車乗りは嘘つきと疑ってかかるのですが絶景を見てテンションが振り切っていたのでしょう。
一旦下ってみた結果、下界の標高150m、車がある場所は1100m。残りの距離14km。
つまりハルヒルと同じくらい登るということです。
ということで帰りはペロンペロンな状態で帰りました(泣)

皆さん、サイクリングするときはコースレイアウトをきちんと確認しましょうね!
それではまたの機会に。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント