FC2ブログ

中古車の買い取り、委託販売関して

ここ最近は中古車の取り扱いのお問い合わせはもちろんですが、
下取り、委託販売をしているかどうかのお問い合わせ機会も増えております。

ということで改めて簡単にご案内いたします。

まず、買取り、委託販売どちらにも共通することのご案内です。
以下資料が必要となります。一応、身分証をお持ちいただくことも大前提です。

①保証書の控え、レシート
└ご購入時の保証書の控えが必要となります。
保証書の控えにご住所等が記載されているはずですので、
その内容と身分証の内容を照合させていただきます。

人から譲ってもらったものを中古に出すという場合は、譲渡証明書が必要です。要捺印。



②防犯登録控え ※登録していれば。
└防犯登録をしている場合は抹消申請手続きが必要となります。
しているけど防犯登録の控えがないという場合は、警察への盗難車照会が必要となります。
盗難車ではないことが確認出来た後対応させていただきます。
なお、栃木県外で防犯登録をしている際は事前に抹消申請をしてからお持ちください。


ちなみに、当店はまたは本店カントウでご購入いただいた場合は、
上記資料の控えがありますので最悪無くてもなんとかできるかと思います。
ただ、なるべくお持ちいただけると対応が非常にスムーズになりますのでご協力をお願いたします。





さて、ここからは買取りと委託販売に関してです。

①買取り
お持ちいただいた自転車の査定後、買取り金額をご案内いたします。
金額に問題なければ、そのまま代金をお渡しいたします。



②委託販売
お持ちいただいた自転車の売値をお客様に決めていただき、3ヵ月当店で委託販売車として店頭にお出しします。
店頭に出している最中の金額の変更。主に値下げもできますので、
1ヵ月経っても売れなかったら値下げ。2ヵ月経っても売れなかったら再値下げと状況に合わせてご連絡ください。
期間内に無事成約いただいた自転車から手数料を差し引いた額をお渡しします。
手数料に関しましては店頭にてお尋ねください。
また、期間を過ぎても成約いただけなかった場合は引き上げてもらいます。その際、手数料等はかかりません。



③下取り
└新車購入時、その時にお乗りいただいている自転車の買取りを致します。
その金額を新車購入時に充てていただけます。


買取り、委託販売、下取り共になるべく自転車をきれいにしてお持ちいただくと非常に助かります。
また、消耗品の劣化具合によっては買取り金額、委託販売等の出品金額にも大きく影響してきますのでご注意ください。




パーツ類に関しては基本的に買取りはせず委託販売のみで対応しておりますので、
そちらの方に興味がある方もお気軽にお問い合わせください。
それではまたの機会に。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント