FC2ブログ

ビンディングシューズ②

さて、前回はSPD-SLペダルの紹介をさせていただきましたので、今回は『SPDペダル』のご紹介です。
SPDペダルは、クリート(金具)が靴底から飛び出さない仕様となっているため比較的歩きやすい靴になっています。
走ることよりも、観光、食べ歩き、通勤通学にピッタリなシューズです。歩きやすいだけでなく、軽い力でビンディングの脱着ができるので、皆さんが最も不安がっているであろう-立ちゴケ-もしにくくなります。
SPDシューズは、中央と右側のシューズです。
DSC_2151.jpg


まずは一般的なデザインの物からご紹介していきましょう。
見た目はSPD-SLのシューズと同じですが、靴底が違います。このように窪みができているため、上記で説明いたしましたように歩きやすくなっているのです。
DSC_2187.jpg


「でも、普段使いでしか使わないよ。」という方にはこういったゴテゴテしたデザインのシューズは普段履きしにくいという風に感じる方もいらっしゃるのではないのでしょうか?そういったユーザーに合わせ、見た目をよりラフに。より歩きやすくしたシューズもございます。
SHIMANO CLICK'Rシリーズ -クリッカー-
DSC_2188.jpg
パッと見はランニングシューズになっているため、ちょっとでかける時に便利ですね。
最初にご紹介したような一般的なビンディングシューズと違い、靴底が柔らかいため普段履かれているようなスニーカー、ランニングシューズと同じように歩けます。乗ることよりも、歩くことに特化したシューズになっていますね。

クリートの取り付け方は同じです。 ※今回は蓋をしているだけ。
DSC_2189.jpg



基本的にSPD-SLとSPDのシューズは互換性がないのですが、ここ最近は両方のクリートを取り付けることが可能なハイブリットタイプも登場しています。
三角形にある三つ穴はSPD-SL。 中央に縦に並んでいるのがSPD。
DSC_2154.jpg

基本的な構造はSPD-SLなのです。「クリートアダプター」を装着することでSPDのクリートを付けられるようになります。
アダプター無しでもSPDのクリートの取り付けはできますが、非常に歩きにくいうえにクリートの消耗が激しくなるのでオススメはいたしません!
DSC_2155.jpg
DSC_2156.jpg


横から見た図。結局、アダプターが飛び出してしまうので歩きにくいのですが、、、。
しかし、初めからSPD-SLじゃ不安だからステップアップする!という方は、シューズをどちらか専用にしてしまうと買い替えないといけなくなるので、ステップアップ前提であればコチラがオススメです!!!
DSC_2157.jpg



特価シューズコーナーもございますので、より良いシューズを安く、お試し感覚でシューズを使いたいという方は是非ご利用くださいませ。

それではまたの機会に。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント