FC2ブログ

SPEEDPLAY

シーズン問わず、お問い合わせが多い「ビンディング」。
すでにお使いのライダーはどのメーカーをお使いでしょうか?またこれから、始める予定の方はどのメーカーご検討中でしょうか?
シマノ、LOOK、MAVIC、TIME、MKS等々を使用されている方がほとんどかと思います。

そして、今回ご紹介するのはSPEEDPLAY
初心者の方も聞いたことがある方も多いのでは?
SPEEDPLAYと聞くと
・ビンディングをはめにくい
・歩きにくい
等々あります。「初心者向けではない」、「玄人向け」という意見も多いです。

しかし、メーカーの方も言われたままではいられません!
ということでまずは初心者向けペダル。
ULTRA LIGHT ACTION
\15,800(税抜)
product-img-ul-action.jpg
通常のSPEEDPLAYよりの脱着が容易になったペダルとなってます。
更に、ペダル側に傾斜が付いているためノールックでの装着可能。
もちろん、外しやすくしたからといって今までの性能を失ったわけではありません。



ここまで書きましたが、SPEEDPLAYのちょっとした特徴をご紹介

・両面ビンディングのため装着が簡単
・クリートの遊びを0~15°までライダーの好みに合わせ調節可能。
・メンテナンスがグリスを注入するだけというイージーメンテ
・スプリングで固定していないため、脱着がスムーズ

等々たくさんございます。
特にクリートの遊びが大きいのというのは魅力的です。
シマノが最高6°、TIME & MAVICが10°と考えるとその違いが判るかと思います。
何よりも膝を痛めにくいですね!



その他にもエアロ効果を求めた
ZERO AERO
product-img-zero-aero.jpg

zero-aero-img01.jpg

zero-aero-img02.jpg
どうでしょう。ペダルとクリートが隙間なくくっ付いています。
この画像の通り、通常のペダルは
『クリートをペダルにはめ込む』 というのに対し
SPEEDPALYは
『ペダルをクリートをはめ込む』
といった状態です。より『踏み込む面積が大きくなるため、パワー伝達率が高くなるということですね。



その他にも、オーソドックスな物ももちろんあります。
ZERO
product-img-zero-aero-walkable-set.jpg
歩きやすい「ウォーカブルクリート」が付属となっておりますので今までの歩きにくさは解消されていますよ~♪

更にSPEEDPLAYは、クリートを付けたまま走行可能!
ペダルのはめ込み口に沿ってくり抜いてあるので、わざわざ付け外しをする手間もございません。
product-img-cover.jpg


普段使いされる方はオプションでフラットペダル化もできます。
product-img-platformer.jpg



どうでしょう?
なかなか魅力的なペダルだとは思いませんか?
これからビンディングにする方、買い替えを検討されている方も是非「SPEEDPLAY」を選択肢の一つに入れていただければと思います。
それではまたの機会に。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント