FC2ブログ

イベント前に!

週末の天気がころころと変わっていますね。せめて雨だけは降らないように祈る フカサワ です。

☆お知らせ☆
・8月もパンク修理講座を開催致します。
次回 8/27(土) 18:00~19:00
となっております。パンク修理講座の様子は過去のブログにてご覧いただけます。
その他詳細はこちらをご覧ください → パンク修理講座詳細



さて、今週末は「リベルタスクラブツーリング」や「八方ヶ原ヒルクライム」が控えてますね。
来月の「ツール・ド・日光」に参加するという方も多いのでは?
やはり、イベント直前になると点検に持ってくる方、備品の準備をしにくる方も多いです。
しかし、これだけで終わりにはしていませんよね?

リベルタスが納車時にお願いしていることの一つ。
『注油』はイベント前にできる限りやっておくとパフォーマンスが上がりますよ~^^
チェーンオイルが枯渇している状態では、抵抗が大きくなりすぎてしまいますからねb
DSC_2993.jpg



ということで今回はオイルの紹介です!
メーカーによって区分が違いますが、大まかな種類としては
・オイルタイプ
・ワックスタイプ
2種類に分けられることが多いです。
「ドライ」「ウェット」というのは、その中の更に細かい区分です。

一般的に使われることが多いのは「オイルタイプ」のはず。。。
比べてしまうとワックスタイプ自体の種類もそう多くもないです。
では、オイルタイプからいきましょう。
FINISH LINE
・DRY
lube01_2.jpg
このオイルは使っている方も多いですよね。
チェーンに油膜を張らないため、汚れも付きにくくスムーズな動きをしてくれます。



お次はこちら。
・WET
lube03_2.jpg
ウェットと言えば、持続力もずば抜けていて、雨に打たれたりや水はねしてもオイルが落ちにくいのが特徴です。
ロングライドにはもってこいですよ!若干、汚れやすいのが欠点ですが、、、



WAKO'S
・チェーンルブ


こちらもある意味定番品。
ドライとウェットの中間ぐらいの粘度ぐらいでしょうか。持続力もありますが、多く付けすぎると汚れるのでご注意を。




今までのオイルとちょっと違うものを使いたいという方はこちらはいかがでしょうか。
Vipros
・ムオン

06231613_53a7d3a21ed68.jpg
名前の通り【無音】ということで、チェーンの音鳴りを減少させる効果があります。
若干粘度もあるのである程度の雨であれば耐えることも可能です!



・ケイテン
05251507_57454132f2ce2.jpg
ドライに近い粘度となっています。
しかしながら、ムオンに近い潤滑性能を持ち、尚且つ汚れにくいといった夢のような商品!
被膜を作ってくれるので、チェーンやスプロケットにかかる高荷重や高回転での金属摩擦が起こす抵抗を極限まで抑えてくれます。



・レイキッシュ
06231335_53a7aea660229.jpg
こちらもムオンに近い潤滑性能を持ち、防汚性をできる限り追求したオイルとなっています。
粘度自隊もかなり低いので、ワイヤーや変速機の注油にも使用できます。



といったところでしょうか。
その他にもセラミック系等々ございますので気になる方は試してみると面白いですよ!
注油後のふき取り量に応じてフィーリングも変わります!
フカサワ自身は、オイルが跳ね散らない程度で多めに注油します(笑)
ふき取りもササッとやって終わりです。イベント後に洗浄することにはなりますが、、、。

ということで、イベントが控えている方でまだ点検にお持ちになってない方はお早めに!!
それではまたの機会に。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント