FC2ブログ

ろまんちっくにMTB

11/27(日)はろまんちっく村にて開催された、
ろまんちっくMTBエンデュランスレースに参加してきました。
内容はロードバイクのエンデューロと同じ耐久レースです。
7~8割がダート、内3割が山区間。残りが舗装路となっています。
コースレイアウトは栃木県MTB協会facebookをご覧ください。


今回はレース開始時間は駐車場の開放時間も遅く、ロードと比べゆったりとしたスタート。
7時にろまんちっく村駐車場開放で、7時ピッタリにいっても車が10台前後。
ピットスペースにも余裕が。
しかし、時間が経つごとにどんどん人も増え試走開始 7:30にはこの様子。
DSC_4470.jpg
超満員ですね。定員300人のところを今回は400人まで増やしたそうです。
それでも定員。マウンテンバイクの注目度が上がっているのが伺えます。


そして、8:45。開会式です。
コース上の注意や流れの説明がありました。
そして、今回はスペシャライズドからゲストライダーが3人。
DSC_4467.jpg
左から、スペシャライズドMTBテストライダー兼DHライダー・藤田翔也さん、
今のXCカテゴリで注目されている若手XCライダー・平林安里さん、
全日本選手権過去4回優勝、アテネ五輪日本代表の竹谷賢二さん。
そうそうたるメンバーが集まっております。



その後はキッズ・ジュニアレース。
未就学児から小学生が対象です。
DSC_4468.jpg
山区間はショートカットして走りますが、この年齢でオフロードとは親御さんの英才教育の賜物です(笑)



さて、それが終わればレースの花形・3h耐久が始まります。
どんなコースを走るの?というところですが
肝心な山区間は中に入って撮影というのが難しい状態でした。
というより、お見せしたい区間まで侵入することができないという方が正しいでしょうか。


今年はコースレイアウトが変わり、若干距離が伸びたそうです。
しかもアップダウンが多いため体力の消耗も激しく、
3、4周ぐらいは楽しかったのですが、それ以降は乳酸地獄。
後半にアップダウンが多くて苦戦しました。

ということで、コース後半のダート、芝生区間。
急なアップダウンがあったり。
DSC_4486.jpg


一瞬で終わるロックセクション。ちょっとした岩場を避けて抜けます。
DSC_4485.jpg


斜面を真っすぐ抜けるようなテクニックが必要な場所も。
DSC_4483.jpg


コース終盤の激坂。
ただでさえアップダウンが多いのに最後の最後でこれは脚にきます。
押している人も多いです。
DSC_4480.jpg



400人が同じコースを走り続け、一部コースが畑状態。
完全に掘れてしまってます
DSC_4475.jpg


ここで転倒者が増え、若干コース変更。
DSC_4491.jpg
若干左にコースを寄せていただけました。
運営の判断力と行動力に感謝です!


ちなみに、フカサワもここで抜かそうとしたら巻き添え転倒。
レースなので仕方ないのですが、転倒時にハンドルが回ってしまいワイヤー切れ。
よりによってリア側という。。。
DSC_4473.jpg
一周はインナートップで頑張りましたが、後半戦で脚が持つはずもなく(泣)
あぁ、リザルト見たくない。


レース的には大きなけがもなく無事終わることができました。
レース終了後は、参加賞のネギをいただきました。
DSC_4500.jpg

その他に、太巻きとけんちん汁。
DSC_4501.jpg


また、売店も出ていたりと地元に寄り添ったイベントは心地がいいなと感じることもできました。
DSC_4498.jpg
DSC_4499.jpg


どうでしょう?
気になったという方、興味があるという方が増えてくれると嬉しいです。
マウンテンバイクをお持ちの皆さん。
来年は是非チームで出ましょう!




ということで、とあるイベントの開催が決まったので
あらかじめ告知だけさせていただきます。

お隣、群馬県で開催されるイベント
2017年3月26日() うっかり八兵衛カップ
が開催決定です!!!
内容はろまんちっくエンデューロと同じ耐久レース。
・ソロ
・チーム 2~4人
の募集が今後始まる予定です。
順位、タイムよりもマウンテンバイクを楽しむことがメイン!
であれば、チームで出たいと考えていますので、
ちょっと先の話ですがあらかじめご検討いただければと思います。

うっかり八兵衛カップに関しては→いばらきmtbネットワーク

詳細が分かり次第、募集を始めたいと思いますので
今しばらくお待ちください。

それではまたの機会に。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント