FC2ブログ

bontragerホイール

色々なことが重なりのどを痛めてしまったフカサワです。
お医者さんからは直接的感染はないと言われていますのでご安心ください!



☆お知らせ☆
・年内最終営業日は12/29(木)です。18:30閉店。
12/30~1/3まではお正月休みとなっておりますのでよろしくお願いします。
1/4からは営業を開始しますので是非ご来店ください。

・3/26(日) に開催される「うっかり八兵衛カップ」に参加します。
MTBの耐久レース。皆で楽しみながら走りませんか?
参加メンバーを 1/27(金)まで募集します。
詳細は → うっかり八兵衛カップ




さて、本日はボントレガーのホイールをご紹介です。
BONTRAGER Race TLR
¥44,444 (税抜)
11063_A_2_Race_TLR_Set.jpg


そもそも、タイヤやホイールで目にする『TLR』って何?と質問されることがあります。
TLRとは、、、
T ube
L ess
R eady
の略です。
ほぼ、2WAYホイールということなのですが、2WAYホイールとは似て非なる物なのです。
通常の2WAYタイプのホイールはリムテープを必要としないケースがほとんどですが、
TLRに関しては クリンチャー(チューブ有り)で使う際には通常のリムテープを使い、チューブレス(チューブ無し)として使う際は空気が漏れないように作られている専用のリムテープが必要となります。
こんな感じのプラスチック系のリムテープを使ったりします。
DSC_1923.jpg
※メーカーによって異なります。

ちなみにTLRだからといって、タイヤが専用になるということは一切ございません。
クリンチャー時には通常のクリンチャータイヤ、
チューブレスタイヤにしたい場合はチューブレスタイヤをご利用いただけます。
「リムテープの貼り換えを考えると2WAYの方が楽じゃん」と言われそうですが、メンテナンス等の観点から考えるとそうでもなかったり。
まずは、タイヤをはめこむ時点で物凄く固いうえに、、、と、色々あるんです。
気になることは是非ご質問いただければとい思います。
チューブレス化する際に必要なリムテープも付属され、専用のバルブも付属されます。(画像右)
パンクの穴を塞いでくれるシーラントは付属しませんのでご注意下さい(画像左)
DSC_1924.jpg


肝心な重量ですが、 1720g (ペア)です。
エントリーホイール、練習イールに使う分には問題無い重量ですね。

もちろん、ボントレガー製品ということで30日間保証対応です!
bontg
ご購入日から30日以内であれば、返品可能ですので安心してお買い求めいただけますよ~^ ^
しっくりこなければお気軽にご相談ください。

それではまたの機会に。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント