FC2ブログ

ハルヒル参加してきました

先日のハルヒルに参加された皆様お疲れさまでした。
身体の調子はいかがでしょう?
ガッツリ追い込んだ方は体調を崩さないようにきちんと栄養を摂りつつ休んでくださいね!


ということで、5/21(日)は第5回 榛名山ヒルクライム、通称・ハルヒルに参加してきました。
slide_01_2017052215412717e.jpg
昨年のハルヒルのレポートは → http://libertaskf.blog.fc2.com/blog-entry-186.html


昨年に引き続きということで、リベルタスクラブでの参加は2回目です。
リベルタスクラブはレースにガツガツ参加するようなチームでもなく、
どちらかというとサイクリングして美味しい物を食べたりとガッツリエンジョイするチームです(笑)
では、なぜわざわざヒルクライムに参加するのか。
それに、ヒルクライムって言葉を聞くだけで 「ツラい」 というイメージが出ませんか?

「なぜ、自らキツいことを進んでやるのか。」「レースというだけあって、皆速いから絶対についていけない。」

なんて意見も多く聞きます。
しかし、ヒルクライムは周りと比較する物でなく、「自分との勝負」「自分のタイムとにらめっこする物」と考えれば幾分気が楽になります。
実際、走り始めれば周りなんて気にする余裕なんてありません。全員同じです。
参加者の話聞けば大体の方から 目標タイムの●●分切れた。切れなかった という話が出るのでは?周りと比較なんてしなくていいんです。以前の自分と今の自分を比較するにあたって必要な物がリザルトだと思えば、幾分参加しやすいかと思います。

特にハルヒルは様々なイベントと比べると『アットホーム』なイベントです。
そう、年に一回のお祭りなんです!
なんせフカサワは、お祭りを楽しみたいというだけで、手のひらにヒビが入っている状態で走ってきました(笑)
個人的にはお祭りを楽しむためだけに参加です!


DSC_5630.jpg
ハルヒルの受付は基本的に前日受付なので、
今回はリベルタスクラブメンバーの代理受付へフカサワが単身突撃!
約25名分の受付をしてきました!
こんな大勢の受付を一度に引き受けていただいた、ハルヒル運営様には頭が上がりません。
本当にありがとうございました。


ハルヒル当日の朝は非常に早いのです。
AM3:00の時点でサービスエリアにはこれだけ集まっていました。
DSC_5634.jpg
リベクラメンバー、深夜?朝?からにぎやかです。それとも寝不足でハイテンションになっているのか。


駐車場の開門はAM4:00、場所は各自決まっているので各々の準備時間に合わせて向かいます。
もちろん我々は時間ピッタリに到着!
DSC_5636.jpg
下山用の荷物等の準備ができれば、アップ開始です。
アップはした方が身体が目を覚ますのでオススメですよ~。



DSC_5637.jpg
一応スタート前には一枚だけ撮影。
去年よりもスタート位置がかなり後ろより。
はい、走行中の写真はありません!撮る余裕も一切ありません!


お恥ずかしながら、満身創痍でのゴールとなったためゴールの画像はありません・・・。
DSC_5639.jpg
とりあえず、頂上の飲食ブースへ行くと先発組を発見。
昨年同様、無料飲食ブースがあるということで一目散に向かいます。

①甘酒
DSC_5642_20170522170203f8e.jpg
ホットとアイスが選べます。
DSC_5641_20170522164931bed.jpg
今年はタイムを大幅に縮めたT様。疲れた上に暑い日の一杯は体に染みますね。


②冷やしきゅうり
DSC_5643.jpg
当日は30℃を上回る気温だったので嬉しい振る舞い。

③トマト
④大豆ドーナツ
以上二点は我慢できず食べてしまいました。。。

⑤高崎米2合
DSC_5646.jpg
お米までくれるんですか!?という声もチラホラ上がっていました。


これだけでもロングライドイベントに匹敵する参加賞の数々。
結局これだけで終わらず、
サイクルキャップ、ゼリー、ハルヒル羊羹、500mlドリンク×5、お守り、¥1000分の商品券
と多く物をいただけました。
参加費¥6,000-でこれだけで貰えるとは相変わらず恐ろしいイベントです!


最後は榛名体育館で貰った完走証持って、集まれたメンバーで記念撮影です。
DSC_5650.jpg


今年参加してみて少しでも良い思い出ができた方は来年のハルヒルも参加しませんか?
ヒルクライムイベントでこんなにもアットホームで、しかも会場も近い。
こんなイベントは数少ないですよ~。
もしかしたら、山苦手・・・という方も一度は出てみると山嫌いを少し克服できるかもしれませんよ!

来年のハルヒルも参加予定ですので是非ご参加ください。
それではまたの機会に。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント