FC2ブログ

勝利は足元から?



☆お知らせ☆

・11/6(金)は大出店長がサイクルモードへ出張となりますので、フカサワ 一人での営業となります。
お受けできない案件がでてきるかもしれませんが、あらかじめご了承下さい。

・来月11/8はパンク修理講座になっております。
年末年始の走り収め、走り始めに備えて早めに覚えておきませんか?
皆様のご参加お待ちしております。
詳細はこちら




さて、今週末は ツインリンクもてぎ でのエンデューロですね。
皆様、準備はお済みでしょうか?
初めてのイベントという方から、「何か備えておくものはありますか?」とご質問をいただきました。
特別な持ち物といえば、受付票や ブルーシート 、 パンク対策のCO2ボンベ、天候次第ではレインウェア等色々あります。
ただ「少しでも速く走りたい!」という願望があれば、用意する物も変わります!

「リム高が高いディープリムホイール」を用意するのも手ですが値段がそこそこします。

ならば、違いが分かるものの一つで今回ご紹介する「タイヤ」でございます。

タイヤが変わると何が変わるの?という話ですが、大きく分けると
・重量
・転がり抵抗
・耐パンク性能
・グリップ力
・寿命
といったところでしょうか。

重量が軽くなり、転がり抵抗も少なくなれば加速もしやすくなりますし、
耐パンク性能が上がれば不安がることもなく攻められます。
グリップ力はサーキットでのコーナーリングを安全に走るためにも必要不可欠!
寿命は長い方が懐には優しいですよね(笑)。

文章ばかりで読み飽きたころでしょうし、商品紹介いたします!
ブリヂストン EXTENZAシリーズ
左から、R1X(赤)、、R1G(黄)、R1S(青)、。
それぞれパフォーマンスが異なりますので使用用途に合わせた選択肢をどうぞ!!!
ext

おおまかな分類としては、
・R1X(赤)・・・オールラウンドの軽量タイヤ。
・R1S(青)・・・ヒルクライム等で使う超決戦、最軽量タイヤ。
・R1G(黄)・・・グリップ力と耐パンク性能を重視したタイヤ。
詳細グラフもございます。
exgraf



もちろん、定番モデルの「ミシュラン PRO4」「コンチネンタル GP4000SⅡ」もありますよ~。
procon

ついでに、決戦仕様ということで「軽量チューブ」も試してみませんか?
通常のチューブと比較しても約30g軽量化できます!(スペシャ ノーマルチューブ比較時)
tube1


色々なタイヤを使っているうちに好みもでてきますので、普段使いから決戦用まで選定していきましょう!
フカサワのお気に入りは上の画像にもある「ミシュラン PRO4」、今後導入予定は「SWorks TURBO」を検討しています(笑)。

それでは、またの機会に。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント