FC2ブログ

ハルヒル2019お疲れ様でした

先日、5/19(日)はリベルタスクラブで榛名山ヒルクライム【ハルヒル】に参加してきました。
ハルヒルへの参加は4年連続。もはや毎年恒例?になりつつあります。

ちなみに、クラブで出る場合は【最低何分切り!】なんて目標は立てません。
本気で出てもよし、お祭り感覚で出てもよし。自由に楽しんでいただきます♪


また、過去のハルヒルブログをご覧いただいことある方はご存知かもしれませんが、今年も写真が少ないです!ごめんなさい!
せっかく自転車を軽くしたのにスマホを持っていくと重くなってしまうので下山荷物に預けてしまっているんです。
可能な限り軽量化!!
テキストだらけにはなってしまいますが雰囲気だけでも掴んでいただければ思います。


ハルヒルのスタートは前日受付から。
ハルヒルは当日受付が無いため、前日に現地へ行って受付をしないとゼッケンや下山荷物袋がもらえません。
しかし、お仕事で行けない。都合が悪い。なんて方も多いので、
参加されるリベルタスクラブメンバー限定で代理受付を行いました。
IMG_0285_20190520165518ddc.jpg
朝早くから頑張って設営してくださっているハルヒル事務局の皆様。
対応が凄くて丁寧で一人一人に 「頑張ってください。」 と声掛けしている姿が印象的でした。
さすが国内屈指の人気イベント。


IMG_0287_20190520165520c11.jpg
リベルタスクラブからの参加人数は25名。参加者全員【榛名湖コース】。一番長いコースです。
残念ながら数名欠場者も出てしまいましたが来年も開催するようですので奮ってご参加ください。
ということで人数分回収してリベルタスへ戻ります。


リベルタスに戻った後は各自ゼッケンを受け取りに来ていただいて、翌日に備えてもらいます。
フカサワもこの日だけは夕方16:00に帰宅。大出店長のご協力のもと安心してハルヒルに臨めるわけです。

さて、現地へ向かう時にはハイエースを出して乗り合いで行くことも可能です。
交通費を安く抑えられるうえに、フカサワが眠りの森に旅立たなければ運転していただくこともございません。
今回の行き帰りも交代なしでしたが、帰りは本当に寝むかったのは内緒です。


駐車場に到着したら早速準備。そしてレース前にはウォーミングアップ!
IMG_0295.jpg
ウォーミングアップするなんて本気っぽくてやだー。疲れちゃうよ~。なんて言われますが、
最低でも軽く汗かくくらいまでやっておくと登り始めた時に心肺がだいぶ楽になりますよ~。
強い負荷をかけ続ける必要はありません!
アップもせずにいきなり登ると心拍が急激に上がってそこから続かなくなっちゃいますからね。



ということで過去ブログから画像を拝借。

・スタート前待機場所
DSC_2301.jpg
ゼッケン番号1000番ごとの列になっています。ざっくりとですが申告タイムごとの集団。
今回も集合場所は決めずリベクラジャージが集まっている場所集合。
チームジャージは意外と目立つので7,000人近くいる参加者の中でも見つけやすいんです。



スタート前は場内アナウンスに従ってスタート位置へ移動します。こちらも過去の画像。
DSC_5637.jpg
スタート前はドキドキするものですが、フカサワがいる第5ウェーブにはクラブ員が10名弱。
少し前に4名。隣にも2名いてしゃべり続けていたおかげか、ハルヒルに出て初めてと言うくらい凄くリラックスして整列。

ハルヒルには目安タイムがあって1時間がボーダーなんです。
1時間で並み?それとも並みより速い?くらい。

ちなみにフカサワの過去のタイム。
①1:03
②1:10 右手負傷
③1:07
と言う感じで一回目以降は切れる気配がしていないのです。
今回で4度目の出場。内一回は怪我した状態とはいえ、いい加減1時間は切りたい。


フカサワがハルヒルの準備をしようと思ったときには2月。
今から常に体重の4倍の出力で走りますなんて無理なのでいつも通り減量。
しかし、今年のフカサワは違います。
毎年コソッと乗っていたマウンテンバイクを完全に封印し、
ボディービルダーやフィジーカーが愛用する減量の本を買い筋力を落とさず除脂肪できるように改善、
2月に58kgあった体重を50kgピタピタにしました。

正直、やることはやったつもりですが1時間切れる自信はありません。切れたらラッキー。
切れなくても頑張ったという事実は残る。と、いつもなら言い訳を考えるのですが、
「1番大切なのはできるかどうかじゃない。やりたいかどうか。」
というフカサワの好きな言葉を胸にいざスタート!!!

フカサワの作戦は、スタート位置から計測開始位置まで流し。
そこから榛名山神社まではひたすら良い感じの列車に乗って脚を温存。
神社から先は傾斜がキツくなって列車どころではないので、そこから全力。
あとは同じウェーブで先行しているクラブメンバーの背中を追いかけるように走るだけ。
至ってシンプルです。自然と余力を残す癖が付いているフカサワには、最後に全力を出せるかが問題。

スタート同時に全員ダッシュ。いつものペースで行くと決めたので敢えて乗らずスルー。
目の前にはクラブメンバー。同じ作戦かなと思い、コソっと後ろへ。
やや平坦になる所まで牽いていただき、そこからは良い感じの列車へ移行。
ここまで作戦通り。しかし、この集団はペースを一定に保つどころかドンドン速くなるんです。
パワーを見ると4倍以上出てる。貧脚のフカサワにこれは無理と判断し途中で離脱。
しかし、すぐに丁度いいペースの列車が来てここで確信。
今回だけハルヒルの神様が味方してる。1時間切って卒業しろと言うお告げだと!!

そこからはひたすら同じ列車で榛名山神社まで全速前進。
榛名神社はコースの中でも2/3の位置にあり、1時間切りたい人は40分以内にここを通過すればなんとかなります。
もちろん、そのあと垂れちゃだめですよ?

榛名神社通過時点で37分。余力もある。1時間切り確定。
でも、ここで油断して切れなかったらシャレにならないと思いペースを維持。
心拍もかなりキツイ上に若干脚に張りを感じたのでマグオンを摂取。

榛名神社から先は10%や14%がちょこちょこ出てくるので、ひらすら自分との戦いです。
自分の場合、榛名神社からゴールまで20分弱。
「頑張れば55分切りできるんじゃね?」というフカサワらしからぬ欲が出てしまい、もうひと踏ん張り。
ゴールに近づくにつれて沿道の人が増え、声援も大きくなります。
「頑張れ」「下を向くな」「今までの練習の成果を出せ」
お客様とも話しましたが、この誰に向けているか分からない一言一言が心に響きます。
そして、【ゴールまで500m】この看板が見えた時には反射的にもがいていました。
ただ何も考えずゴールに向けて踏む。シンプルですが今までできなかったこと。

結果は54:23.960

1時間を切った喜びよりも、それをすっ飛ばして55分を切った喜びでいっぱいでした。
機材ドーピングパワー凄い。
そして、どんなにきつくても、あの声援とゴール後の達成感を味わうために『また出てもいいかな』なんて思ってしまうのです。
ある意味中毒性の高い何度も出てしまう魔のイベント。



さて、ゴール後は下山荷物を受け取って下山待機列に自転車を並べます。
IMG_0300.jpg
すぐに並べないと下山ウェーブがドンドン遅れて帰る時間が更に遅くなります。
仲間を待ってから降りる場合は駐輪ラックに自転車を停められますよ~。



自転車を並べたらクラブ員探し。そして、集まれたメンバーで撮影。
IMG_0298.jpg
レースが終わってリラックスした表情の皆さん。
目標タイムを越せなかったメンバー、そうでないメンバーもいますが楽しめたかどうかも大切です。


IMG_0297.jpg
ハルヒルのゼッケンには1,000円分の金券が付いています。
フカサワが買ったのは肉うどん。塩分もある程度抑えていたので味が濃い物が美味い!
他のメンバーはカツカレーや豚丼等を食べていましたよ~。


上で待つこと約1時間半。いよいよ自分たちの下山です。
IMG_0301.jpg
目の前にいる人たちも全員下山者。改めて大規模イベントと言うことを実感させられます。
下りで落車しても面白くないので安全第一で帰りましょう。



下山後は完走証という名のリザルトを貰います。完走証の裏に何か書いてあれば、お土産ゲット!
ゴール後も楽しませてくれる太っ腹ぷりですが、今年は誰も当たらず・・・。
去年はメンバーの2、3割は当たってたんですけどね~。残念。
IMG_0303.jpg
ということでまたも集まれたメンバーだけで集合写真。みんな疲れた表情してますね(笑)

そして、年々クラブジャージ率も上がっていて嬉しい限りです!
お揃いのジャージ着るイベント感マシマシですよ♪
強制はしていないので、お気に入りのジャージで参加もOK。痛ジャージも大歓迎。


あとからお会いすることのできたメンバーたち。
IMG_0307.jpg
IMG_0306.jpg
IMG_0304.jpg
ロードに乗り始めて半年から1年。しかも初参加で1時間切りという猛者も・・・。

今年のメンバー全体的にパワーアップしてますね。素晴らしい。


ということで、2019年ハルヒル本当に本当にお疲れ様でした!
フカサワ自身、一時間切ったので無事ハルヒル卒業です!!
これで来年は別のイベントに出られr・・・・
「「「来年も出ますよね???」」」


( ^ω^)・・・



既に数名このようなリクエストをいただいています。
フカサワのイベントスタイルはご要望があれば出るという形。
ならば、リクエストが10名超えたら来年もみんなでハルヒルに出場しましょう!!!

今ところ、早くも4名の方にリクエストいただいています。
あと6名です。
もしも来年出るならはファットバイクかコスプレして出ましょうかね。
皆様のハルヒル出場のリクエストお待ちしております。

それではまたの機会に。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント