FC2ブログ

ANGiを早速買ってみた

先日のブログにANGiの情報を載せたところ、既に数件お問い合わせのいただきました。
ANGiに関しては→http://libertaskf.blog.fc2.com/blog-entry-920.html

とりあえず、ご購入いただく前にフカサワが人柱になろうかなということで早速ゲット。

ANGIクラッシュセンサー
¥4,000¥3,800 (税抜)
IMG_0480.jpg
まずはゲットしてみて分かったこととして、
無料期間は1年間、翌年からは年間 ¥3,990の利用料。
・ペアリングする機器と緊急連絡先はSMSが送受信できるもの。スマホですね。
緊急連絡先でSMSを送れない物にしてしまうと、同時に登録したメールアドレスにも連絡がいかない。



まずはお手持ちのスマホでスペシャライズドのライドアプリをダウンロードします。
そのあとは下部にある【ギア】→【ヘルメット】の順でタップをして画面を進めます。
下の画面が出てきたら、付属している1年間無料パスコードを入力してから【次へ】を押します。
IMG_0468.png

IMG_0483_201905281457112d8.jpg
このカードがANGi購入時に付属する1年間無料パス。


ここで「アクティベーションコードを持っていま」をタップしてしまうと以下画面に移ってしまうので注意。
IMG_0469.png
この画面で年会費が発生することが判明しました・・・。スペシャの説明だとずっと無料みたいな書き方だったんですけどね。
一年使ってから更新するかどうかを考えたいという場合は、ここでクレジット情報を入力すると強制的に自動更新です。
検討したい場合はこの画面でクレジット情報を入力しないようにしましょう。
もちろん、今後も使いたい方は入力必須です!



続いて緊急連絡先の入力。
IMG_0479_20190528154857b18.png
先に書いた通り、必ずSMSが受信できる端末の電話番号を入力してください。
また、メールアドレスも同時に入力しないと先に進めません。




登録後は、登録した緊急連絡先のSMSにこのようなメッセージが。
IMG_0474_2019052815542209e.png
とりあえずこの通知が来れば登録完了。
メッセージ的に承認しますというころで【Y】と返信したのですが応答なし。
返信しなくてもよかったのかな?



これでANGiの設定は完了。
肝心なのはセンサーが事故を感知したときですよね。

ということで、ANGiをリベルタスの床に叩きつけたところこんな画面が。
IMG_0473.png
意識があって動ける場合は止めましょう。
この画面を止めずにカウントがゼロになった時に緊急連絡先に通知が行きます。



はい、通知が来ました。
IMG_0475.jpg
メッセージにあるURLを押すとどこで落車、事故を起こしたかを知らせてくれます。

IMG_0478.png
位置はややズレてますが、ちゃんとリベルタス付近で事故ったことになってますね。
このアプリは救急車を呼んだりはできませんが、
クラッシュ位置を第三者に伝えることで要救助者が意識失っても位置情報で助けを呼べるということです、

ただ、ヘルメットを落としただけでもクラッシュを感知するので
緊急連絡先に登録した方にはこの通知が来たら一旦本人に電話をして、出なかったら救急車くらいにした方がいいかもしれません。
もちろん、ANGiが壊れない限りは何度でも使用可能です。
フカサワも実験で5回くらい叩きつけてます(笑)



IMG_0482.jpg
ちなみにANGiのサイズはこのくらい。新型スペシャ製ヘルメット以外には付属のテープで貼り付けます。
接着用の両面テープは結構しっかりしているのでそう簡単には剥がれなさそうでした。




余談ですが、こちらのスペシャのアプリはスマホのGPSを使ってライドログ、アクティビティーの記録もできます。
他社アプリ同様、速度、距離も表示機出ますので、ANGiを持っていなくてもサイコン代わりとして遊んでもヨシです。
さすがにアプリは無料ダウンロードできます(笑)

現在は取り寄せ対応のみさせていただいてますが、メーカー在庫もあるのでお気軽にお問い合わせ下さい。
それではまたの機会に。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント